ベルフェイスが考える、あたらしい営業組織の世界観。

いま、長らく続いた産業構造が大きく変化しようとしています。

株主の利益を最大化することを至上命題とする「株主資本主義」の仕組みは、企業や株主だけでない、環境、顧客、従業員、仕入先など社会のあらゆるところに利益をもたらすように配慮した「ステークホルダー資本主義」ともいうべきものに再定義されようとしています。

あらたな産業構造のもとで企業が永続的に成長し、勝ち続けるために着手するべきこととは?数々のデータとともに、営業組織のあるべき新機軸をご紹介します。

この資料でわかるこ

  • 営業現場/組織がステークホルダーに配慮しないことのリスク
  • あらたな産業構造下で企業が取り組むべき改革
  • 「サステナブル営業」5つのキーワード